« 2016年1月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年4月

2016年4月16日 (土)

2016年こてまりママの春 part1

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ  にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
熊本で大きな地震があり余震も続いてます
被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます
これ以上被害が拡大されませんようお祈りいたします。
 
Dscf0666
さて、春風に吹かれ、桜の樹も若葉を揺らす季節になってきました。
 
Dscf0665
 
ここでこてまり家の春をご紹介します。
3月15日 我が家の陽光桜開花!昨年より5日早く咲きました。
我が家に春の到来!!
 
 
Dscf5157
昨年植えたKたんの記念樹 アーモンドの花が咲きました。
桃の花に似ています。
花言葉《希望》 希望に満ちた人生を!と願いを込めました。
 
Dscf0690
お陰様でKたんもすくすく成長しています。
お兄ちゃんのAたんと同じことがしたくて、おもちゃの取りっこをしたりしています。
春の陽気に誘われて三島の楽寿園に行ってきました。
「Aたん、安全運転をしてくださいね!」
 
 
Dscf0701
 
アンパンマン号にも乗りました。
 
 
Dscf0702
今年はこてまり地方(静岡県)では桜【ソメイヨシノ】の開花が昨年よりも
遅かったです。(4月6日)
 
 
Dscf5193
満開の桜と富士山のコラボ (富士市龍巌淵)
 
Dscf5190
菜の花と桜と富士山  (かりがね堤 )
 
Dscf5202
 
市内の桜の絶景ポイントではカメラマンが大勢いました\(◎o◎)/!
県外ナンバーの車も多かったです。
 
Dscf5206
 
満開の桜に祝福され Aたんの入園式
 
Dscf0806
 
そしてこちらはAたんパパとねぇねの32年まえの入園式(*^^)v
制服は今も同じですね(^_-)-☆
 
Dscf0814
Aたんは昨年の10月から幼稚園(子育て支援教室)に 通っていたので
幼稚園生活にも慣れていたので、私たちも余裕で見守ることが出来ました。
  「Aたん!頑張れ~!! 」
 
そして先日、日本三大桜を見に行きました(*^^)v
JR大垣駅から樽見鉄道列車に乗って1時間train
 
Cats1
岐阜県根尾谷【薄墨桜】 
Dscf0722
樹齢 1500年 樹高 16m 幹 9.9m \(◎o◎)/!
国指定天然記念物
Dscf0723
歴史を感じます。圧巻です
Dscf0727
薄墨というだけあって、薄いピンク色でした。
その後長良川鉄道列車に乗って郡上八幡に行きました 。
Cats1_2
 
こちらでも満開の桜に出迎えられ、街中を散策しました。
風情ある親水遊歩道 が心を和ましてくれました
郡上八幡城
 
Dscf0754
 
町並みを散策
宗祇水
【文明年間蓮歌の宗匠飯尾宗祇が東常緑から古今伝授を受けるためこの泉
のほとりに草庵を結び、この清水を愛用したところから名づけられた。】
 
Cats3
 
郡上八幡の古い町並み 「国選定重要伝統的建造物群保存地区」
【四方を山で囲まれ町の中心を川が流れる城下町】
 
Cats2
統一された様式を持つ町家が密集して残っています。
(柳町、職人町、鍛冶屋町、大手町)
そして、また長良川鉄道に乗って美濃市に向かいました。
ここでも桜が満開でした(*^^)v
【うだつの上がる町並み(美濃市)】
 
Dscf0787
 
うだつとは屋根の両端にある防火壁のことです。江戸時代類焼を防ぐために
切妻平入りの町家の両端の妻を一段高くした(うだつ)が設けられました。
うだつは一丁前の店を構えないと上げられません。うだつを上げることは
富と粋の象徴としてその意匠も競い合ったそうです。
 
 
Cats5
 
東西方向の2筋の街路と南北方向の4筋の横町からなる町並み通称
「目の字通り」と呼ばれています。江戸時代領主、金森長近によって
築かれたこの町は、今も歴史的景観が現存されていてとても素晴らしい
町並みでした。
 
Cats6
 
 【美濃橋】
現存する日本最古の近代つり橋 大正5年8月に竣工されました。
長さ113m  (国指定重要文化財)
 
Cats4
 
上有知湊(こうずちみなと)川湊灯台
長良川下流への船運の拠点となり江戸時代から明治末年まで物資の物流
交通の中心として繁昌。高さ9mの灯台、船着き場への石段が今もなお
残っていました。川の灯台は初めて見ました\(◎o◎)/!
Dscf0784
 
日本の真ん中!!  みなみ子宝温泉駅です。
 
Dscf0774
桜 満開 !春 満喫!旅 満足!
       そしてまたまた 腹 満腹!
     ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年6月 »